トップに
戻る

研究所からのお知らせ

ブログ

剥落止め処置後、復元へ

投稿日:2015年5月19日

26年度は極彩色の絵や紋様を維持保存するために剥落止め処置を行いました。

剥落止めは固着力を失い粉状になって剥落してゆく彩色の強化と、木地から剥離した絵具層の接着を行う処置で、膠を用いて強化や接着を行います。

使用した膠は国産黒毛和牛の乾燥皮から作った牛皮和膠です。

弊所が開発した牛皮和膠は原料皮生産から膠の製造に至る全工程で薬品類を一切使用しない膠で、同じ原料から物性の違う5タイプを作っています。絵具層の接着は銘柄の特2を、粉状化した彩色の強化処置は銘柄の2を使用しました。

 

修理前

剥落止め処理前

剥落止め処置後

剥落止め処理後

 

復元修理後

復元修理