トップに
戻る

研究所からのお知らせ

ブログ

剥落止め処置

投稿日:2015年5月19日

身舎の背面の板壁はかびや土汚れが堆積し、修理前は図柄が部分的にしか確認できませんでした。汚れやかびを除去し、絵具の剥離箇所を接着する処置を根気良く行ったところ、
馬の全体像が現れました。背面に向かって右側に白馬、中央に栗毛の馬、左側に黒馬が描かれています。

 

6前

処置前

6後

処置後