トップに
戻る

研究所について

事業内容

膠を用いた保存修復処置

(修復対象:宗教建造物の絵画や装飾彩色、壁画、杉戸絵や奉納絵馬などの板絵、仏像彩色、文楽人形、浄瑠璃人形、能面など)

彩色の保存状況・技法材料等の調査

(修復対象:宗教建造物の絵画や装飾彩色、壁画、杉戸絵や奉納絵馬などの板絵、仏像彩色、文楽人形、浄瑠璃人形、能面など)

▼保存状況調査

保存状況調査

▼長野県小布施町岩松院 八方睨み鳳凰図の調査

八方睨み鳳凰図の調査

剥ぎ取り処置

(奈良市 登彌神社本殿彩色紋様の剥ぎ取り処置)

絵馬の複製画や建造物彩色の見取図などの制作

板絵修復や技法画材調査の実績を活かし、船図や歌舞伎図、武者図などの奉納絵馬や花鳥図などの杉戸絵の復原模写制作を行います。
絵具の剥落や煤汚れなどで見にくくなった絵馬も再現いたします。
まずは、ご相談ください。

単彩色(丹塗り)の技術・材料コンサルティング業務

寺院や神社の単彩色(丹塗り)は膠塗料で施工します。当研究所では、建物の立地環境や施工の季節に応じて膠を調合し、
施工に適したドーサや膠塗料を提供します。

▼丹塗りの試験

丹塗りの試験

 

丹塗りの試験

鹿皮膠の製造風景

修復材料研究と販売

牛皮和膠の開発と販売

天野山文化遺産研究所オンラインショップへ

 

▼用途に応じてユーザーが選択できる膠

用途に応じてユーザーが選択できる膠

 
   
▼“世界でただ一つ”の技術で開発した膠原料の黒毛和牛乾燥皮

“世界でただ一つ”の技術で開発した膠原料の黒毛和牛乾燥皮

▼抽出した膠液

抽出した膠液

   
▼1番抽出の牛皮和膠(左) 3番抽出の牛皮和膠(右)

1番抽出の牛皮和膠(左) 3番抽出の牛皮和膠(右)

▼膠・竹酢・桐油を原料として製造した接着剤

膠・竹酢・桐油を原料として製造した接着剤